グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  災害時の対応について

災害時の対応について


親愛保育園では、大規模地震が発生した場合や暴風雨等の警報が発令された場合など非常事態が発生した際に、市の指導に基づき園児の安全確保を第一として下記のように対応します。緊急携帯連絡メールが使用可能な状況の場合は、れんらくアプリによる緊急携帯連絡メールを活用しますが、非常事態発生時には通信網の混乱も予想されます。このページを内容を参考にお迎えをお願いいたします。ご理解ご協力をよろしくお願いします。

①非常時の避難場所
各園舎の2階、3階に避難します。
②れんらくアプリによる緊急メッセージ送信
れんらくアプリを緊急時の連絡にも活用します。必ずチェックしてください。
③災害に備えて
当園では、非常用食料及び飲料を約3日分備蓄し、毎年点検しております。
その他緊急用の備品(非常トイレ・懐中電灯・ラジオ・救急用品・消毒剤等)も整備しています。

震度5以上の地震や、南海トラフ地震に関する情報が発表された場合

登園前 臨時休園としますので自宅待機してください。
地震の程度に応じてその日の保育の有無について保育園からお知らせします。
登降園中 安全を確認の上、保護者の方の判断で登園、もしくは降園してください。
バスに乗っている場合は状況に応じて最寄りの安全な場所に避難します。
保育中
保育園で待機します。また必要の際には保育園の判断により、指定された避難場所へ避難します。
保護者のお迎えがあるまでお子さんをお預かりしますが、安全を確認の上、早めにお迎えにきてください。
また保育園バスは運行しません。

暴風警報が発令された場合

登園前 午前6時までに警報が解除されない場合 午前中の保育は中止します。
午前11時までに警報が解除された場合 午後の保育を行います(給食はありません)。
午前11時までに警報が解除されない場合 休園になります。
保育中 速やかに帰宅することを基本としますが、天候の状況により、保育園の判断で待機する場合があります。
保育中に警戒レベル4以上の避難勧告・避難指示が発令された場合、保護者のお迎えがあるまでお子さんをお預かりしますが、安全を確認の上、早めにお迎えにきてください。
また保育園バスは運行しません。

大雨・洪水・津波・高潮・大雪警報が発令された場合

登園前 登園前に発令された場合、保育園から連絡がない限り通常保育になります。
保育中 保育時間中、時間外を問わず原則保育を実施いたします。
ただし、河川の近隣や土砂災害危険地域に位置する等、地域的に危険が予測される場合は、暴風警報発令時と同じ対応をさせて頂きますのでご了承ください。
津波警報が発令され、緊急事態が予想される場合、指定された避難場所へ避難します。